2019.10.08

金融機関による古民家再生 地域活性化

今朝の日経新聞の東北欄に面白い記事を見つけました。

金融機関である北都銀行が、潟上市で古民家再生事業に取り組むそうです。

 

1008

 

記事によると、北都銀行が古民家再生などの歴史的資源や文化を活用した地域活性化に取り組むようで、その第1段として潟上市の小玉醸造の創業者の『小玉家住宅』を改修してホテル、レストランにリノベーションし、さらに近隣の古民家もカフェやホテルにリノベを行うようです。

 

すばらしい取り組みですね!!

金融機関がリノベから地域活性化に取り組むとは思いもしませんでした。

古い建物をただ古い物、と考えるか資産ととらえるか。

これまではスクラップ&ビルドで新しいものにしか担保としての価値を見出せなかった金融機関が、これら歴史ある建築物の価値を認め、さらに事業として取り組むことに非常にうれしくおもいます。

 

しっかりと考え抜かれ、本物の素材と技術で造られた建築物には、経年変化により醸し出される美しさがあり、それによって高まる価値があります。

真面目に、丁寧に、未来に残る建築を続けてまいります。
  • すずきよの家

    〒016-0114 秋田県能代市字中悪戸1-2
    TEL.0185-58-5556

  • 株式会社 鈴喜代

    〒016-0113 秋田県能代市字下悪戸8
    TEL. 0185-58-2207

お問い合わせ